Windows10Homeがインストールできないときの対処方法

Windows 10 Homeをインストールをしようとしても、なぜか勝手にProがインストールされてしまうときの対処方法です。

背景

Windows 10 HomeのライセンスをProにアップグレードしようとしていました。Microsoftのテクニカルサポートによると、一旦、HomeをインストールしてからMicrosoft StoreでProのラインセスをオンライン購入するしか方法しかないとのことでした。

ProとHome、どちらがインストールされるかはプロダクトキーで決まる

マイクロフトからダウンロードできるWindows 10はHomeとProの両方が含まれています。しかし、インストールの過程でHomeをインストールするかProをインストールするかの選択肢はないです。

HomeとProのどちらをインストールするかは、インストールの過程で入力するプロダクトキーで判断しています。

Homeのプロダクトキーが入力されればHomeがインストールされ、Proのプロダクトキーが入力されればProが選択されるというわけです。

メーカー製PCにはパソコン内部にプロダクトキーが内蔵されている

今回は、ASUSのパソコンにWindows 10 Homeをインストールして、それからProにアップグレードすることにしました。

しかし、何度、インストールを試みてもプロダクトキーを入力する画面が表示されず、勝手にProがインストールされてしまいました。

理由は、ASUSなどメーカー製のパソコンにはハードウェアにプロダクトキーが埋め込まれており、インストーラーがプロダクトキーを自動認識してProをインストールしていました。ハードディスクに埋め込まれているわけではないのでフォーマットしても同様です。

今回利用したパソコンはWindows 8 Proがプリインストールされているモデルだったのですが、無料アップグレードによりWindows 10 Proのプロダクトキーとして認識されていました。

強制的にHomeのプロダクトキーを利用して再インストールする

Homeをインストールするには、一旦、Proをインストールした後、インストールメディアに含まれるインストーラーにプロダクトキーを指定した上で実行します。

実行方法は以下の通りです。

D:\setup.exe /Pkey XXXXX-XXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

D:\は、インストーラーが格納されているドライブ、/Pkeyの引数にHomeのプロダクトキーを設定します。

あとは、インストーラーに従ってWindowsをインストールすればHomeをインストールすることができます。